ボタン使途と調べの振る舞いについて勉学

ボタンなどについて実習しました。ボタンは複数のWebホームページの内輪の知見を網の目線のようにつないでいます。このようなボタンをひっきりなしにたどって赴き、ホームページの各種Webホームページを移動することをWEBサーフィンといいます。エッジ事柄はおんなじWWWサーバの中であることが多いが、ほかのWWWサーバにもリンクすることができます。いま表示しているWebホームページはそのまま表示して置き、エッジ事柄を新しいウィンドウで解く場合には、右側プッシュで表示されるポップアップ食事から「新しいウィンドウで解く」を選びます。こうすることにより、複数のWebホームページを臨みながら、効率よく見ることができます。ホームページに生じる膨大なWebホームページの中から、目的のWebホームページを効率よく検索するためには、文字によってWebホームページを検索することができるサーチ(研究)エンジンサービスを利用すると便利です。各種ことを知れて良かったです。

ボタン使途と調べの振る舞いについて勉学