本日は晴天なり。さぁ今日も頑張って家事するぞ

4月に入りだいぶ暖かくなって天気のいい日が続いている。
桜は散ってしまったが多くの花が咲き始めとても過ごしやすい季節になった。
そろそろ花粉症も治まる頃となってきたので私の家事にもアクセルがかかってきた。
もともとグータラな性分だがこの季節になると熊が冬眠から覚めたかのごとくやたらに家事がしたくなり家の中、外とうろうろし始める。
普通、掃除に力が入るのは年末の大掃除や特別なお客さんが来るとき等であるだろうけど何故か私のスイッチは春のこの季節にあるようだ。
今日も天気がいいのでまずは洗濯機をまわし、布団を干す。
そしてソファーのカバーを外し2度目の洗濯。
洗濯機がソファーカバーを洗ってくれている間に軽く朝食をとる。
キッチンまわりを片付けたら今日は可燃物のゴミの日なのでゴミだしへ。
それから掃除開始。掃除機をかけ、床を拭き、テーブルや棚を拭く。
今日は換気扇のフィルターも洗うことにしよう。
とりあえず家のなかはこれくらいにして外の草むしりでもしようかな。
天気のいい日は次々とやりたいことが出てくるそんな専業主婦の春の一日の始まり。すっぽん小町 楽天

本日は晴天なり。さぁ今日も頑張って家事するぞ

我が国におけるティーンエージャーヤツタバコ禁断法と海外での隔たり

N・MはN・Hの指示には応じないどころか、あたかも聞き流すように語を継いです。
「こういう対談は皆さんも気休め程度に耳に入れておいてください。例えば欧州の一部の各地ではティーンズ後半でタバコが解禁されます。そしてその大半は二十年代を前にたばこを閉めます」
N・MはS・Kに向かって身を乗り出した。
「どうしてだか聞こえるか?」
 西洋のタバコあらましは国内とはまた違うようだ。N・Mは満面の笑みを浮かべてS・Kの対策をむかえる。些か考えてからS・Kは必ず捻り出すように答えた。
「んー……ダサイから?」
「そんなふうに!その通り!」
「え?そうなの?お前すげえな!」
N・Tが馴れ馴れしく歓声を漏らした。
N・Mはぐっすりぞそこに気付いてくれたと言わんばかりに手の平で膝を打ってS・Kを指差した。三人の父母は相槌を打っていたが、S・Kはまだ半信半疑で困惑しているように当てはまる。
「遅かれ早かれ、ちゃんはもっと二階層足らずで最適おとなです。その時になってもまったく吸い積み重ねるのか、それとも近頃避けるのかはちゃんの任意だ。よっしゃ、もう本題に舞い戻りましょう」すっぽん小町 薬局

我が国におけるティーンエージャーヤツタバコ禁断法と海外での隔たり