僕だったら、一回でも遅配があれば間もなく辞めます

図書を読んでいてインドカレーに勤める沢山のインド個々が長い個々で半年以来、提供の遅配があって、お金が無く困っていて、遂に食堂で交わるとう地点までになり、社長も逃げていて、交渉でも言っても通じないようです。もっとお店頭の売上も少ないから種ももらえず、最近になってお店頭も閉店したようです。でも偉いなあと思いました。ぐっすりそんなに長く遅配が行き渡るのに、勤め積み重ねるのだろうかと思いました。わたしだったら、一度でも遅配があれば間もなく辞めますね。だって、後も恐ろしいと想うじゃないですか。わたしだったら遅配にのぼる前に神話があった時点でも辞めますね。甚だしく、けちな人物だし、個々を多めに確かめる正確ではないので。更に財に関しては困難ので。こんなインド人のように寛容ではないですね。インド個々って人物が賑やかみたいですね。中国人だったら、それほどは行きませんよ。時間になったらどんなに仕事中でも帰ってしまいますからね。それ、中国人が仕事場に要る個々はみな、知っていると思います。ところで、こういう図書に、インド個々は母国でも3食カレーと書いてありました。わたし、カレー著しく好きだけど、3食は無理だなと願い、本家は違うなと思いました。ミュゼ Vライン どこまで

僕だったら、一回でも遅配があれば間もなく辞めます

皮肉にも戦火に咲く「書籍」という名の一輪の花

少しの沈思黙考の下部、人事は改めて口を解く。
「昨今、和風はサマリー化人前と言われている。殊更WEBやテレビの、画像を通じてのメッセージ歩みには計り知れないものが起こる。新聞紙というものは多岐化始める人前の中で、媒体としての作用を終えつつあると思っている。公衆が挙って電子マスメディアへパーフェクト移行するのも、もはや日にちの苦しみかもしれない」
今の世の中には、踏み潰してしまいそうなほどおびただしい数量のサマリーが至るところに落ちている。
そしてその容量は無限大と言っても過言ではないほどに。
「だが、それでも私には依然として行うことが残されている。首都直下仕様大地震——それはこれから何時やってきてもおかしくないと言われている。これまでも日本人は関東大震災、阪神淡路災害、東日本災害とさんざっぱら様々な自然災害を乗り越えてきた。災害が起きて電力のサプライが阻止されたこと、いち早く世間の表に、いや、もっと言えば国の尖端に立ってなにひとつとして偽りのない真実の時機を伝えて出向くことが私に課せられた目標でも残る」
その眼差しは何よりも力強かった。
「菜々瀬様、今こそ互助の心構えを以てして私に協力して受け取るかも?」
困惑はなかった。そしてこれ程不撓不屈でいてあからさまな性格にめぐり合えたことが僕は名声でならなかった。
私たちは最後にごつく握手を交わした。

皮肉にも戦火に咲く「書籍」という名の一輪の花